2010年12月13日

手術54日目ー体温計の目盛りは42度?

昨日のリハビリの頑張りのためか
今日はぐったりしていました。

大人しく寝ている間に
体温計は何故42度までしかないのかと考えていました。

先日、カーテンを開けようとして
マジックハンドを使っていたら
手元が狂って、温度計にぶつかり壊してしまいました。

この年齢で、まさか病院の備品を壊すとはと
恥ずかしくてたまりませんでした。

その後、新しい温度計が取り付けられたのは
私の手の届かない場所でした。
また壊されたら困ると思ったのでしょうね、、、。

その温度計はマイナス30度から55度まであります。
でも、毎日検温している体温計は42度までしかありません。

これは、42度というのが
たんぱく質が固まる温度だからです。

筋肉や血液だけでなく
カルシウムで出来ていると思っていた骨も
30%はたんぱく質だそうです。

だから人間だけでなく、すべての生物の
最高体温は42度を超えることが出来ないので
体温計も42度までしかないのですね。

では低いほうはどうかというと

31度で意識混濁や血圧障害
29度から30度で意識消失
26度から27度で瞳孔反射がなくなり
20度以下で心臓停止の危険だそうです。

posted by クリスタル at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 股関節手術日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。