2010年12月08日

手術49日目ーエジプト足は外反母趾に

手術していない健康なはずの足の
親指と人差し指の間の間接が歩くと
ピキッと痛むのを先生たちに訴えていました。

もともと入院前から痛かったのですが
この機会に、その原因を調べてもらって
治療もお願いしようと考えていました。

4人の先生が次々と診てくださいましたが
原因がわかりません。

結局、理学療法士さんの、歩き方に問題があり、
無理な荷重がかかっているため痛いというのが
答えだったようです。

そんなこんなで毎日のように
痛みの原因に首をひねっていた院長先生が、ある日
「ギリシャ型の足だね。」と私の足をみて言うのです。

ギリシャ型というのは、人差し指が長いそうで
その分、付け根にかかる負担が大きくなり
それが痛みの原因になることもあるそうです。

日本人には少ないのですが
エジプト型という、親指が一番長い足もあり
この場合は外反母趾になりやすいそうです。

外国の方は、体重があり、足が細長くて
おまけにエジプト型だったりするので
痛くて歩けなくなる人が大変多いそうです。

日本人は下駄や草履を履いていた頃に外反母趾はなくて
靴の生産量と外反母趾の人数の増加は
同じ曲線を描いているそうです。

この院長先生の説明は回診時にされたので
以来、私は看護士さんたちに
「ギリシャ足はいかがですか?」と尋ねられています。

手術したのは股関節なのですが、、、


posted by クリスタル at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 股関節手術日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。