2010年11月29日

手術40日目ー人工股関節の脱臼

私が受けた寛骨臼回転骨きり手術は、
術後は痛いし、入院期間も2ヶ月と長くかかるのですが
自分の骨なので日常動作に制限はなくなります。

けれども人工股関節は痛みがなく、
入院期間も1ヶ月半くらいと短いのですが
手術後に極端な姿勢をとると脱臼しやすいという欠点があります。

どんな姿勢や動作が危険かというと
股関節を深く曲げる
股関節を曲げ、内側にひねる。
股関節を深く曲げ立ち上がる

脚を組む
下のものを拾う
脚の間に何も挟まずに横向きで寝る

体育座り
割り座り
低い椅子に座る
しゃがむ

手術後3ヶ月を過ぎると脱臼しにくくなるのですが
上記の動作はしてはいけないそうです。

早いうちに自骨での手術すると良いのですが
多くの方が10年20年痛みを我慢してから受診するため
骨が変形して人工股関節になるそうです。

痛みがあったら、怖がらずに
整形外科の受診をお勧めします。
レントゲンを撮るだけなのですから。




posted by クリスタル at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 股関節手術日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。