2010年11月28日

手術39日目ー回復に年齢は関係あり?

きょう、私と同じ寛骨臼回転骨きり手術をうけた
同室の方が退院しました。

彼女は私より、2週間早く手術を受けましたが
非常な頑張りやさんで、リハビリも頑張り
通常より10日くらい早い退院です。

周りは、殆ど人工股関節の手術の方なので
話を聞いても私の参考にはできません。

彼女だけが、自骨手術仲間なので
大変心強かったのですが、、、。

主治医のK先生に、「まあ○○さん(私です)は
ゆっくり無理しないでいきましょう。」と
いつも言われるので、
ひそかに年齢の差かな?と疑っているのです。

このブログは、もともと実年齢の半分の身体年齢を目指す
若返り目的なので、入院するときも
最速の回復記録を目指す気満々でした。

でも、その後、生保の担当者さんからは
無理して早期退院した人が
その後、きちんと回復しないで苦しんでいると聞かされ
しっかり入院してリハビリを受けることにしました。

次回10日後くらいにレントゲン検査をうけ
それで退院予定が決まるらしいのですが
果たして年齢差が、入院日数に比例するでしょうか。

いろいろな意味で、ドキドキしますね。


posted by クリスタル at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 股関節手術日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。