2010年11月16日

手術27日目ー車椅子前転

また不注意から痛い思いをしました。
というか想定外のことが起こりました。

車椅子に載っていて
前方上部にある本をとろうとして身を乗り出した途端
後輪が浮いて、前に倒れそうになったのです。

まるで車椅子で前転するような感じです。

思わずステップに乗せてあった両足を床について
身体と車椅子を支えました。

すると、手術した股関節からゴキッと音がしました。

痛いし、大きな音だったので
折れた!!と思いました。

けれど、時間が経つと、だんだん痛みが引いてきたので
どうやら大丈夫だったようですが
本当に驚きました。

原因は、ステップに足を載せたまま
前方に体重をかけたためでした。

よく考えればわかることなのですが
いつも足はステップに載せていたので
何も考えずに前のめり状態になってしまいました。

教訓
車椅子のステップに足を載せるのは
移動するときだけにして
普段は足を床に下ろしておくこと。

posted by クリスタル at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 股関節手術日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。