2010年08月16日

体内サイクルに合った食べ物でダイエット

4時から12時までは
老廃物や昨日までにとった食べ物の余分なものを
排泄する時間です。

排泄を従っている身体に
糖質やタンパク質を食べると
エネルギー過多になってしまいます。

果物を食べましょう。

果物には、脂質が少なく身体に負担がかかりません。
身体の排泄機能を高める酵素や
ビタミン・ミネラル・食物繊維がたっぷりあり、
老廃物を体外に排出してくれます。

昔から朝の果物は金と言いますよね。

12時から20時までは栄養を摂取する時間です。

午後は一日のうちで最もエネルギーを必要としているので、
昼食には直ぐにエネルギー源になる、
ご飯や麺などの炭水化物が必要です。

タンパク質は体内に保存できないので
少量食べるだけで大丈夫です。

たくさん食べても、アミノ酸に分解されなかった分は
尿となって体外に排出されてしまいます。

夕食には身体を修復する為の栄養素が必要です。

夜の睡眠中に成長ホルモンが分泌され
疲れた筋肉の修復や合成、骨を作ります。

この成長ホルモンの分泌に必要なのがタンパク質です。
でもタンパク質は、摂りだめができないので
夕食時にタンパク質の多い食事が必要になります。

20時から4時までは身体が吸収した栄養を使って
細胞を修復する時間ですから、
食事はしないのがベストですが、
どうしてもという時はタンパク質を少量とってください。

麺類やお茶漬けというような
炭水化物(脂質)を摂ると太ります。

まとめると

朝は果物
昼は炭水化物
夜はタンパク質
です。

体内サイクルに合った食事を摂ると
食べる量を減らすことなくダイエットが可能です。



posted by クリスタル at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。