2010年03月06日

唇が赤い理由は?

唇を難しく説明すると、
体表の皮膚とこく粘膜との境界を赤唇縁(せきしんえん)といい
一般的には唇と呼ばれています。

通常、皮膚の一番上は角質化していますが、
赤唇縁(せきしんえん)は粘膜部分が角質化していないので

粘膜上皮直下の血管を流れる血液が透けて
赤く見えるのです。

posted by クリスタル at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 体の不思議いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。