2010年02月27日

ペットボトル症候群とは

アミノ酸を利用したものをはじめとしたスポーツ飲料等
清涼飲料水には多量の糖分が含まれています。

毎日、習慣のように飲んだり、
大容量のペットボトルを手にすると
自然に清涼飲料水を飲む量が増えます。

この清涼飲料水に含まれる多量の糖分のため、
急激に血糖値が上がり、喉が渇きやすくなります。

そのため、ますます多量の清涼飲料水を飲むという
悪循環に陥ります。

血糖値が高い状態が続くと、
インスリンの分泌が少なくなったり
インスリンが効きにくくなったりして、
急激な脂肪の分解がおこります。

その結果、意識がもうろうとしたり、昏睡状態になったりする状態をペットボトル症候群と呼んでいます。

ペットボトル症候群には初期症状はありませんが、
口や喉が渇いたり、多飲・多尿といった症状が
出てきたら要注意です。

ペットボトル症候群は肥満傾向にある人や
軽度の糖尿病患者に多くみられます。

ペットボトル症候群にならないためにも、
水分摂取は清涼飲料水ではなく、水にしましょう。
posted by クリスタル at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | アンチエイジングの用語解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。