2010年02月19日

交感神経とは

交感神経とは、自律神経の2種類のうちの一種で
昼の神経、活動する神経といわれています。

緊張状態にさせ、精神活動を活発にさせます。

交感神経が働くと、

心臓は収縮し、呼吸は激しく、血圧は上昇します。
ホルモンの分泌がさかんになり、
子宮は収縮し排卵が促進されます。

白血球の一種の顆粒球が増えます。
顆粒球が増え過ぎると正常な細胞が傷つきます。

怒ったり、驚いたりすると、交感神経は極度に興奮します。

交感神経が適度に働いていると
やる気がでて、生き生きと活動できるわけですが

ストレスなどで緊張を強いられ続けると
顆粒球が増えて体に変調をきたします。

自律神経のもう一種は副交感神経です。

posted by クリスタル at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | アンチエイジングの用語解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。