2011年03月13日

地震の後の災害を防ぐ為の情報

森さんからのメールを転載します。

・夜になるとき。
阪神大震災で最後に最大に悲惨に襲った災害は、「治安悪化」による「人災」です。
大切な人を守ってください。一人でいる人は、最寄りの知り合いと小さくても良いのでコミュニティを作りましょう。

・避難した女性の方。
絶対に一人で公衆トイレに行かないで。便乗する性犯罪者がいます。常に誰かと行動して、トイレも二人以上でいくようにしてください。

・電話の使用は極力避けてください!
非常の為の119番や110番がかかりづらくなっています。

・地震が起こったら、必ず窓を開けてください。
そして、家にいる人は、水道が止まる前に、お風呂に水をためてください。まだ、電気が通じる人は、ご飯を炊いてください。阪神淡路大震災の経験から、皆さんに伝えます。

・停電をした地域は、必ずブレーカーを全て落としてください。
また避難する際も絶対にブレーカー落としてください。送電時に火災になって家が燃えてしまいます。
停電から復旧した瞬間ショートして火災というケースも多いようですので、停電してても落としてください。通電されたら小さなブレーカーを一つづつ入れて下さい。漏電ブレーカーが落ちるようでしたら、無理に入れず、電気事業者等に連絡をとって下さい。

・ガスの元栓をしめてください。
ガスが充満すると静電気だけで大爆発が起こります。

・断水の可能性がありますので、お風呂に水をためてください。
飲料水の確保もお忘れなく。ネットが使えるうちに自分の住んでる地区の避難場所を確認してください。

・足元数十センチの津波でも足をすくわれ一気に沖合まで流されます。絶対に見物などには行かないようにしてください。

・車のトランクにタイヤ交換用のジャッキがついているはずです。
瓦礫の下敷きになっている人を救助する場合、かなり重要になってきますので、提供をお願いします。

・室内に居る時も、履物の確保をしてください。ガラスの破片で足を怪我すると、命取りです。

・避難する時は、雑誌を頭に載せてタオルやシャツで包むだけでも簡易ヘルメットになります。おなじように足に巻けば、履物になります。

☆自由に転載・転送してお使いください。

森 敬典
posted by クリスタル at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月11日

手術140日目ー雪解け道の落とし穴


最近は室内は杖を使わないでも歩けるようになりましたが
外はやはり杖が必要です。

今日は、確定申告のために外出しました。
けっこう暖かかったのですが、
解けたり凍ったりの繰り返しで
氷の上に水が乗っている場所もあり一番滑りやすい状況です。

でも普通の雪道もあり、そういう場所は
安心して歩いていました。

ところが落とし穴に落ちてびっくりです。
私自身ではなく、杖の先端です。

SH3H0115.jpg

いきなりガクッと杖が下に落ちて
何かと思ったら、駐車場のポールを立てる穴のようです。

SH3H0116.jpg

冬は除雪の邪魔になるのではずすのでしょうけれど
杖の人にとっては大変危険な穴です。
ふたをしておいてくれると助かりますね。
posted by クリスタル at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 股関節手術日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。